【公益財団法人国際人材育成機構】アイム・ジャパンのサポート体制

政府派遣技能実習生の人材育成にご協力下さい

facebookページ 資料請求 文字の大きさ



久右衛門のこだわり


アイム・ジャパン技能実習プログラム

アイム・ジャパンでは日本政府が創設した「技能実習制度」に基づき、
ベトナム・インドネシア・タイ政府が選抜派遣する数多くの有能な人材を日本に受け入れております。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ベトナム・インドネシア・タイ政府によって厳正に選抜され、
4か月にもわたる訓練を受けたアイム・ジャパンの技能実習生は、
規律正しく意欲的で元気な若者と、受入れ企業から大変喜んでいただいております。 



アイム・ジャパンの無料職業紹介事業


「出入国管理及び難民認定法」(以下「入管法」という。)の改正により平成22年7月以降に受け入れる外国人技能実習生については、入国後1年目から受入れ企業(法務省令では「実習実施機関」)と雇用関係を結んで、つまり労働関係法令の保護の下に、技能実習を行うこととなりました。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 この結果、従来、受入れ団体(法務省令では「監理団体」)が送出し機関と連携して行っている技能実習生の受入れは、実習実施機関と技能実習を希望する外国人との間における雇用関係の成立をあっせんする職業紹介行為に該当することとなり、監理団体において職業安定法に基づく無料職業紹介事業の許可または届出が必要となりました。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

アイム・ジャパンは、平成22年4月1日付けで厚生労働大臣よりこの許可を得たところであり、今後、外国人技能実習生受入事業のより一層の充実・発展を図ってまいります。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

概念図

 
受入れに係る費用について
「出入国管理及び難民認定法」(以下「入管法」という。)の改正により平成22年7月以降に受け入れる外国人技能実習生については、入国後1年目から受入れ企業(法務省令では「実習実施機関」)と雇用関係を結んで、つまり労働関係法令の保護の下に、技能実習を行うこととなりました。 この結果、従来、受入れ団体(法務省令では「監理団体」)が送出し機関と連携して行っている技能実習生の受入れは、実習実施機関と技能実習を希望する外国人との間における雇用関係の成立をあっせんする職業紹介行為に該当することとなり、監理団体において職業安定法に基づく無料職業紹介事業の許可または届出が必要となりました。
 
 入会申込時に必要な費用
入会費:10万円(受入れ人数に関係なく、1社当たりの金額です。)  月会費: 1万円(受入れ人数に関係なく、1社当たりの金額です。) JITCO審査料(1社当たり)  アイム・ジャパンが実施している技能実習生受入れについては、すべて法務大臣の告示の手続きを経る必要があります。この告示において、特に人数枠の特例を希望する場合は、JITCOによる評価、認定を得た上での告示となるため、JITCO審査料が、1社当たり最大3年6万円がかかります。
 
月額諸費用(概算)
事業奨励基金とは、技能実習生が所定の期間の技能実習を修了し、帰国した段階でベトナム・タイ・インドネシア政府を通じて本人に支払われることを目的として積み立てるものです。 [諸費用の実費精算]  技能実習生が、技能実習を修了し帰国後、アイム・ジャパンへのお支払額と実費との差額を精算します。
 
1年目(講習期間約1ヵ月)諸費用の月額
アイム・ジャパンへのお支払額は、技能実習生1人当たり月額148,300円です。 (講習手当、来日渡航費、事前講習費、集合講習費、事業奨励基金等) 技能実習生には、アイム・ジャパンへのお支払額の中から、講習手当として80,000円を支給します。 事業奨励基金として、アイム・ジャパンへのお支払額の中から月額4,000円を別途積み立てます。
 
1年目(「技能実習1号」期間約11ヵ月)諸費用の月額
アイム・ジャパンへのお支払額は、技能実習生1人当たり月額64,100円です。 (講習手当、来日渡航費、事前講習費、集合講習費、事業奨励基金等) 事業奨励基金として、アイム・ジャパンへのお支払額の中から、月額10,000円を別途積み立てます。 技能実習生には、雇用契約に基づく賃金を直接全額支給していただきます。
 
2年目(「技能実習2号」期間1年目)諸費用の月額
アイム・ジャパンへのお支払額は、技能実習生1人当たり月額58,200円です。 (帰国渡航費、事前講習費、集合講習費、事業奨励基金等) 事業奨励基金として、アイム・ジャパンへのお支払額の中から、月額20,000円を別途積み立てます。 技能実習生には、雇用契約に基づく賃金を直接全額支給していただきます。
 
3年目(「技能実習2号」期間2年目)の諸費用の月額
アイム・ジャパンへのお支払額は、技能実習生1人当たり月額55,300円です。 (帰国渡航費、事前講習費、帰国時宿泊費、事業奨励基金等) 事業奨励基金として、アイム・ジャパンへのお支払額の中から、月額20,500円を別途積み立てます。 技能実習生には、雇用契約に基づく賃金を直接全額支給していただきます。
 


Copyright (C) 2014 IMjapan. All Rights Reserved.

小 (文字の大きさは、ブラウザ『中』・ホームページ『中』を基準と致しております。設定によっては、改行等が変更となり読みづらいこともございますがご了承ください
ませ。) 中 (文字の大きさは、ブラウザ『中』・ホームページ『中』を基準と致しております。設定によっては、改行等が変更となり読みづらいこともございますがご了承くださいませ。) 大 (文字の大きさは、ブラウザ『中』・ホームページ『中』を基準と致しております。設定によっては、改行等が変更となり読みづらいこともございますがご了承くださいませ。)