情熱の日本語教師 技能実習生に教えることとは

Webマガジン

情熱の日本語教師 技能実習生に教えることとは

最近町で目にすることが多くなった技能実習生ですが、技能実習生には、日本語の習得が欠かせず、優れた日本語教師が技能実習の質を左右すると言っても過言ではありません。
今回は、アイム・ジャパンの熱い日本語教師のうち1名を紹介いたします。

杉本先生

2015年7月入団。特技は料理。
入団後、国内のアイム・ジャパントレーニングセンター配属、その後ジャカルタ駐在員事務所へ異動、2年間インドネシアの技能実習生に日本語を教え帰国後アイム・ジャパントレーニングセンター春日部にて日本語教育を担当している。
前職でもインドネシアに駐在し、教えることを仕事にしていた。現地でよく食べた料理はナシゴレン。

前職は料理人

~インドネシアの専門学校で日本料理を教える~

アイム・ジャパン入団前は青年海外協力隊として、インドネシアで寿司や天ぷらなど日本料理を教えていました。
私が配属されたのは学生さんが100名近くいる観光の専門学校の調理科で、西洋料理、インドネシア料理、日本料理などのクラスがありましたが、その中で日本料理の授業を担当しました。日本人は私以外おらず、学生さんも日本語が話せない学生がほとんどだったので授業はインドネシア語を使ってやりました。
インドネシアでは、宗教の関係で食べられないものが多かったので、アレンジした日本料理を教えていました。例えば、豚肉を牛肉に変えたり、みりんや酒等も使えなかったので別の調味料で代用したりしました。
中でも寿司が人気だったのですが、生ものは衛生の問題もあり食べられないので、巻きずしを教えました。また、現地で流行っていた某日本アニメの影響で、どら焼きが人気だったので、フライパンを使って作ったりもしました。

時間を答えるゲームをする杉本先生

もっとインドネシア人をサポートしたい

日本料理を教えていた当時、元技能実習生というインドネシア人と出会い、そのとても生き生きしていた様子を見て、日本に帰ってからも、そんな元気でまっすぐな彼らのサポートがしたい、インドネシアに関わりのある仕事をしたいと思い、アイム・ジャパンに入団しました。日本語教師の資格を取り、現在トレーニングセンターにて日本語を教えています。

はじめてのトレーニングセンターそして大浴場で目にした技能実習生は?!

アイム・ジャパンに入団して、初めてトレーニングセンターを見学した時はびっくりしました。今まで受けていた日本語教師の教育とも違っていて、日本語以外にも日本の規律やルールなどを重点的に厳しく教えているのが印象的でした。
技能実習生たちはどこからこんな大きな声が出るんだろう?というぐらい大きな声で挨拶したり、報告したりしていましたね。
他に印象的だったのは、トレーニングセンターの2号館には大浴場があるのですが、おのおの文化が違う国から技能実習生が来るので大浴場に行くとき、裸に腰布一枚巻きつけて廊下を歩きまわっていたり、パンツや靴下をはいたまま入浴したりしていた技能実習生がいたので指導したことですかね。

  • トレーニングセンターの大浴場

技能実習生と両親と現地の先生と共に

国内のトレーニングセンターで勤務後、ジャカルタ駐在員事務所へ異動となりインドネシア労働省の訓練校で日本語を教えました。
インドネシアでは日本入国前、技能実習生は地方の訓練校で勉強した後、中央の訓練校で講習を受けます。
全体的に地方の訓練校は日本語がほとんど話せないような状態から始まっていたので、時間や規則を守らない技能実習生が多かったのですが、中央の訓練校は日本に行く直前なので日本語もある程度話せるようになっていて、モチベーションも高くみんなしっかりしていた印象でした。
インドネシアでは技能実習生が遅刻や指示とは違うことをしたとき現地のインドネシア人の先生に注意してもらうのですが、大きな問題の時は日本人が注意をします。
それでも技能実習生が合格基準に達しない場合は、両親に来てもらい話をします。インドネシアは家族のつながりが強いため、家族にもアイム・ジャパンのプログラムを理解して応援してもらう必要があります。
よい技能実習生を送り出せるよう、駐在員事務所の職員が説明や注意をすることも多く、一丸となって講習をしていました。

すくすくと育つ技能実習生の姿

最初授業を受け持った時は、授業がうまくいかず、話しても技能実習生が理解できずにしーんとなってしまったことも多々ありましたが、それでも慕ってくれて、その最初に授業を担当した技能実習生たちが1ヵ月の集合講習が終わって最後、ありがとうと挨拶しに来てくれた時はやはり感動したし、こちらこそごめんなさいという気持ちもあって、それが今のモチベーションにもつながっています。
なので今後入国が通常どおりに再開したら、初心を忘れないように、技能実習生たちも夢を持って日本に来ているので、その夢の支えになれるように、配属先でも困らないように、また周りの日本人にうまくなじめるようにそれも含めてしっかり指導していきたいです。

アイム・ジャパントレーニングセンター春日部について

現在、アイム・ジャパンは春日部に施設を2棟設けています。コロナ禍の前は、春日部の他にも介護職技能実習生用に武里にも施設を借りていました。
トレーニングセンターでは、日本に入国直後の1号の外国人技能実習生たちに日本語の他に日本の規則や文化などを教えています。
現在トレーニングセンターの先生たちは、教材を新しく作ったり、待機中の技能実習生のケアをしたりしながら、万全の態勢で次の1号の技能実習生の入国を心待ちにしています。

壁や階段には現場でよく使う言葉

教師の日

日本にはなじみがないかもしれませんが、10月5日は「世界教師デー」です。
1994年にユネスコによって制定された日で、祝日ではありませんが、教職の人をいたわったり応援したりする日です。
みなさんは、慕っている先生がいらっしゃいますか?
たまに、会いに戻ってみるのもよいですね。

  1. HOME
  2. Webマガジン
  3. 情熱の日本語教師 技能実習生に教えることとは