バングラデシュ人民共和国 海外居住者福利厚生・海外労働省 人材雇用・訓練局と政府派遣の「特定技能事業に関する覚書」を取り交わしました

お知らせ・トピックス

2023年12月25日

左から当機構小宮理事、金森会長
アハメド ムニルス サレヒン事務次官、サレ アハメド ムザホル人材雇用訓練局長

2023年12月21日(木)、バングラデシュ人民共和国において、当機構とバングラデシュ海外居住者福利厚生・海外雇用省人材雇用・訓練局は、「政府派遣の特定技能事業に関する覚書」を取り交わしました。 

調印式には、サレ アハメド ムザホル人材雇用・訓練局長はじめ、後見役としてアハメド ムニルス サレヒン事務次官ら海外居住者福利厚生・海外雇用省高官らも同席され、式典が執り行われました。

本覚書合意により、本特定技能プログラムを通して、政府派遣の特定技能人材として若者が派遣されることは、技能実習修了予定者および修了帰国生のキャリア形成を拡大し、特定技能制度への移行が可能となる重要な一歩となります。これにより、技術力ある日本の製造・建設・サービス業種での更なる雇用創出が期待されています。

サレ アハメド ムザホル人材雇用・訓練局長は、「これまで、国、経済、国民の相互利益に貢献してきた技能実習プログラムに併せて、今回の特定技能事業により長期雇用と職業多様化が図られ、バングラデシュ人技能者が増加する。今回は新たな一歩となる素晴らしい機会となった。」と述べられました。

▶NewsLetter(印刷用PDF)はこちら

  1. HOME
  2. お知らせ・トピックス
  3. バングラデシュ人民共和国 海外居住者福利厚生・海外労働省 人材雇用・訓練局と政府派遣の「特定技能事業に関する覚書」を取り交わしました