配属後の支援

アイム・ジャパンの技能実習プログラム
配属後の支援

技能実習生が安心して技能や技術、知識を身につけ、地域社会の一員として受け入れてもらうために、アイム・ジャパンでは全国15の支局に約250名のアテンド職員を配置しています。また実習生の母国語で対応できるように通訳を約70名揃えて、受入企業と技能実習生にきめ細かいサポートを提供しています。

アイム・ジャパンの受入企業への支援体制

受入企業の皆様が効果的に技能実習を実施できるよう、指導やアドバイスを行うとともに、外国人技能実習制度の正しい理解を広げ、技能実習生受入事業の健全な発展をサポートしています。

職員による指導・助言・相談、説明会等の開催

月1回以上、受入企業を巡回訪問し、実習に伴う課題や悩みをお聞きして、指導・助言・相談を行います。

こうした定期訪問に加え、全国で「受入企業懇談会」「実習・生活指導員懇談会」などを開催し、実習生指導に関する相談、意見交換会の場を提供しています。

充実した資料の提供

企業が効果的かつ適正に技能実習生を受け入れられるよう、日本語会話集、安全衛生資料、技能検定練習問題など、技能実習生の指導に必要となる資料を多数作成し、受入企業に提供しています。

技能実習生の安全、健康確保、職場環境改善のための支援

安全と健康確保のための受入企業に対するサポート

技能実習生が技能や技術を習得する職場環境の改善に向けて、アイム・ジャパンは、スローガン「安全は家族の願い みんなの願い」を掲げてさまざまな取り組みを行っています。

1 「労働災害防止の目標」と「自主点検」

技能実習生の安全と健康を確保するために、受入企業に「労働災害防止の目標」を配布し、「労働安全衛生受入企業自主点検」を実施しています。

2 新型コロナウイルス感染症の予防の周知啓発

技能実習生の新型コロナウイルス感染症の予防のために、「新型コロナウイルス感染症の予防のため、注意すること」及び「感染リスクが高まる「5つの場面」」について、実習生の母国語版により周知・啓発を行っています。

ア 「コロナウイルス感染症の予防のため、注意すること」
イ 「感染リスクが高まる「5つの場面」」

3 安全衛生ステッカー(危険標識)配布による啓発

作業上の注意を実習生に促すために安全衛生ステッカー(受入実習生の母国語版)を新規受入企業及び希望する受入企業に配布して、災害防止の啓発を行っています。

ア 製造・建設業
イ 介護施設用

4 電子版冊子「知っておきたい安衛法」の提供

技能実習生が安全で健康に働くために、労働安全衛生法の骨子を取りまとめた電子版冊子「知っておきたい安衛法」を提供しております。

職場環境改善等のための情報提供

技能実習生の職場環境改善等のために厚生労働省の公開情報をご紹介しています

A 安全と健康の確保に関するもの

  1. 建設現場で働く外国人労働者(外国人建設就労者等)の安全衛生教育に活用できるよう、作業ごとの安全衛生対策のポイント(47作品)や代表的な労働災害事例(35作品)を動画により視聴できるもの
  2. 働く人の安全と健康について、初めて学ぶ方向けに視聴覚教材(漫画教材)を作成したもの。
    外国人労働者等に対して適切な安全衛生教育が実施されるよう、11言語(日本語、英語、中国語、ベトナム語、タガログ語(フィリピン)、クメール語(カンボジア)、インドネシア語、タイ語、ミャンマー語、ネパール語、モンゴル語)に対応し、8業種と業種共通の教材を用意したもの。
  3. 7つの業務ごとに、それぞれの作業について、映像教材とテキストを掲載したもの。
    ア 共通事項:建設現場全般、メンタルヘルス対策、熱中症対策、電離放射線障害防止対策
    イ 7つの業務:(1)型枠施工業務、(2)左官業務及び内装仕上げ業務、(3)コンクリート圧送業務、(4)トンネル推進工業務、(5)建設機械施工業務及び土工業務、屋根ふき業務、(6)電気通信業務、(7)鉄筋施工業務及び鉄筋継手業務(業務区分ごとに、5つの作業の教材を掲載している。)

B 一般労働条件の改善に関するもの

  1. 働くときに必要な基礎知識を取りまとめたもの
  2. 時間外労働について解説をしたもの
  3. 日本で働く外国人向けに労災保険の請求について解説したもの

C 外国人労働者の人事・労務管理に関するもの

  1. 外国人に人事・労務を説明する際に役立つ情報をまとめたもの

在留技能実習生への支援体制

技能実習生の日本のお父さん、お母さん、お兄さん、お姉さんになりたい。それがアイム・ジャパンの願いです。

一人ひとりの技能実習生をていねいにケア

技能実習生の相談に乗るアテンド職員は全国におよそ250名。一人ひとりの悩みに親身になって対応します。まだ日本語が不慣れな技能実習生のためには、母国語で対応できる通訳職員が約70名在籍しています。

母国語で相談できる制度があります

技能実習生が母国語で気兼ねなく相談できる窓口を設けています(委託)。

インドネシア語: イブクー(私の母)制度
タイ語: ピーチャイ・ピーサオ(兄姉)制度
ベトナム語: アイン・エム(兄姉)制度
ベンガル語(バングラデッシュ): バイボーン(兄弟)制度
シンハラ語(スリランカ): アッカー・アイヤー(姉兄)制度
タガログ語(フィリピン):クヤ・アテ(兄姉)制度

みんなのひろば

みんなのひろば」は、アイム・ジャパンの活動やイベントのニュース、日本の文化の紹介、実習生の活躍の様子などが実習生にも読みやすい日本語で掲載されている日本語学習に役立つ情報誌です。
(2021年4月「実習生のひろば」としてリニューアル創刊)

技能実習生休日の集い

技能実習生が一堂に集う「技能実習生休日の集い」を全国で開催しています。他の技能実習生と交流を深めたり、悩みを語り合ってホームシックを解消するなど、多くの技能実習生が楽しみにしているイベントです。

  1. HOME
  2. アイム・ジャパンの技能実習プログラム
  3. 配属後の支援