技能実習生の安全管理(事例と対策)

  1. HOME
  2. アイム・ジャパンの技能実習プログラム
  3. 技能実習生の安全管理(事例と対策)

当機構アイム・ジャパンは1991年に発足して以降約60,000人の技能実習生を受け入れております。

技能実習生が安心して技能や技術、知識を身につけ、地域社会の一員として受け入れてもらえるよう、全国15の支局に配置された約250名のアテンド職員と実習生の母国で対応できる約70名の通訳が、受入企業と技能実習生をきめ細かくサポートしています。
外国人技能実習生を受け入れる企業の皆様に、効果的な技能実習が実施されるように、月1回以上の受入企業への定期訪問を行っています。

また、技能実習生に対しては、入国時の特別教育や企業配属後の技能実習、3号実習生に対するチームリーダー育成講座(通信)を実施し、安全管理に努めています。(詳しくはこちら
その一方で、日々の仕事や生活のなかでどうしても起こってしまうトラブルや危険もあるのが事実です。技能実習生をはじめ、外国人労働者の受け入れの一助になるよう、当機構の長年の実習及び経験から稀に起こるトラブル事例と対処法についてご紹介します。

  1. HOME
  2. アイム・ジャパンの技能実習プログラム
  3. 技能実習生の安全管理(事例と対策)